YOMISEウキウキ通り2020とは

YOMISEウキウキ通りとは西尾市一色町銀座通り商店街にて毎年開催されるお祭りです。今は少なくなってきた夜店を子どもたちにも味わってもらいたいという想いから生まれ、地域の商店・企業・団体が協力して作り上げる老若男女楽しめるお祭りとなっています。

 開催概要

名称:YOMISEウキウキ通り2020
開催日時:2020年7月25日(土)
開催時間:午後5時~午後9時
開催場所:一色銀座通り商店街

開催内容

[出店]
子どもたちが楽しめるミニゲームやメリーゴーランドがあるだけでなく、大人もうれしいデンキブランバーなど、ウキウキ通りの出店は大人も子どもも楽しむことができます。

[ステージ]
ステージは北と南の同時進行型で行われます。北ステージでは、一般の方に特技を披露してもらう「いっしき☆スター誕生」を行います。出場者は絶賛募集中です。

[ウキウキ通り]
ボーイスカウト西尾第10団のオープニングパレードに始まり、和太鼓演奏、よさこい踊り、屋台村や出店、バンド演奏など充実したラインナップで、本格的に夜店の雰囲気を味わうことができます。

西尾市のロゴ

ご協賛一覧

『YOMISEウキウキ通り』は多くの方のご支援の元、開催をさせていただいております。

会場の雰囲気

昨年の雰囲気を見る

昨年の『YOMISEウキウキ通り』に撮影された写真です。ぜひ雰囲気を感じてみてください。

夏のハロウィン 海魔パレードってなに?

西尾市一色町で毎年行われている『大提灯まつり』は県の有形民俗文化財にも指定されているほどの、全国的に注目されているお祭りです。

西尾市民で知らない人はいない、と言っても過言ではない程の歴史あるお祭りです。しかし、なぜ大きな提灯をぶら下げるのか、あなたはその起源を知っていますか?

450年ほど前に人畜や農作物を荒らす海魔(モンスター)が夏から秋にかけて現れ、それを鎮めるためにかがり火を焚いたことにはじまるといわれています。

これまで、YOMISEウキウキ通りでは、大提灯祭りの起源となった海魔にちなんで、妖怪やオバケなどの仮装で行う海魔パレードを行ってきました。

今年は、『大提灯まつり』とのコラボ企画ということで、8月24日(土)に海魔パレードを開催することが決定しました!

現在、出場者を募集しています。海魔パレードに参加して、一緒に『大提灯まつり』を盛り上げましょう!

エントリーはコチラから⇒申込書ダウンロード

海魔パレードの様子

この夏一番のウキウキがここにある

©  YOMISEウキウキ通り2020 All Rights Reserved.
PAGE TOP