BLOG

Canon EOS Kiss X7, 35mm, f/7.1, 1/80s, ISO100

タイヤが、故障?

Canon EOS Kiss X7, 28mm, f/5.6, 1/40s, ISO125

先日、お客様が持ち込まれたタイヤの内側が、
ボコボコ?ポコポコ?何か波打つような感じになってました。

Canon EOS Kiss X7, 31mm, f/8, 1/80s, ISO100

この状態は、セパレーションというタイヤの損傷の一種で、
タイヤの内側素材の接合部が剥がれる現象でした。

タイヤのセリアルを確認しましたら、かなり古かったので、
経年劣化によるものと考えられます。

外から見てすぐ分かるセパレーションもありますが、
内部で剥離が起きていて、外からは見えないパターンもあります。

気付かないでそのまま乗っていたら、バーストに至ります。

Canon EOS Kiss X7, 35mm, f/9, 1/125s, ISO100

見た感じ、まだまだ溝があるから大丈夫と勘違いしていると、
たいへんなことになってしまいますので、定期的に点検することを
オススメいたします。
お気軽にご来店下さいませ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です