BLOG

MICHELIN(ミシュラン)の新型オールシーズンタイヤ

本日ご紹介させていただくタイヤは、

日本ミシュラン クロスクライメイト 2

『クロスクライメイト+(プラス)』の進化版だけあって、

ドライ性能、ウェット性能、雪上性能、ライフ性能、すべてにおいて進化したのですが、
それに加えて、ロードノイズが二割ほど静かになったとのことです。

このクロスクライメイトシリーズは、
国際表記となる「スノーフレークマーク」
が付いている、「冬用タイヤ」です。

冬用タイヤに履き替える行為や、外したタイヤの保管場所などで
悩むことの方が多いこともありますね。

年に1,2回あるか無いかの降雪に備えて、毎シーズン冬用タイヤに履き替えるよりも、
1セットで済ませるのも、「スマート」かつ「経済的」な選択かもしれないですね。

しかしながら、非圧雪路やアイスバーンの路面での、
緊急避難のための急ブレーキング、急ハンドル時は、
そうしたシーンに特化したスタッドレスタイヤの性能に
近づくことはあっても敵いません。

凍結路面の走行が想定される場合は、スタッドレスタイヤのご使用をお勧め致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です